ひとづくり委員会 年間事業計画

 

 

 [スローガン]                                      ふるさとを愛する人づくり

 

 

[基本方針]

 

私たちが生まれ育った飛騨市には、地域との関りを大切にする老若男女の温かい人間関係があります。これは飛騨市民が持つふるさとを愛する心が背景にあり、現在の飛騨市の地域社会を築いてきたものと考えます。しかし、この飛騨市の次代を担う子どもたちにとって、インターネットやSNS等の普及により優れた利便性を得る一方で、大人へと成長する過程で欠かせない直接的な人と人とのやり取りを減少させてしまい、地域社会とのふれあいで得ることのできるふるさとを愛する心が薄れてしまうと考えます。

 

 

 

今年度ひとづくり委員会では、「ふるさとを愛する人づくり」というスローガンの下、地域に必要とされる愛情豊かなリーダーの育成と飛騨市の担い手となる子どもたちの健全な成長の促進を目的として活動いたします。そのためには、会員各々が所属する会社の代表者という立場から地域に貢献できるスキルを高め、リーダーとしての資質を向上させます。また、県内外各地域の子どもたちが集まる飛騨古川JC-CUPにおいては沢山の友情を育むことのできる機会を提供し、飛騨市での体験を通じて心身共に成長できるよう尽力いたします。そして、子どもたちが生まれ育った地域に愛着を持てるきっかけを与えることで、地域に対する感謝の心を持っていただき、ふるさとを愛する心の醸成へと繋げてまいります。

 

 

 

 ふるさとを想う気持ちを持ったリーダーや子どもたちを育成することで、飛騨市の明るい未来に必要なよき担い手となり、豊かなまちの創造に繋がると信じて委員会一同全力で取り組んでまいります。

 

 

 

[事業計画]

 

新年会 /3月例会/7月例会(第44回 飛騨古川JC-CUP)/家族懇親会

 

9月例会/岐阜ブロックサッカー大会参加設営/会員拡大

 

委員会メンバー

副理事長 ひとづくり委員会担当 加藤 光

副委員長・財務局長 谷口 大志

委員・理事 野村 真吾

ひとづくり委員会 委員長 田中 昌之

委員・理事 田口 陽平

委員・理事 柴田 環栄