なかまづくり委員会 年間事業計画

 

 

[スローガン]                                      次への¨キセキ¨

 

[基本方針]

 

現在飛騨市は少子高齢化と若者の流出という問題を抱えています。これらを食い止めるためにも私たちは飛騨古川青年会議所として個人の成長とともに、企業の成長を促し魅力あふれる飛騨市にしていく必要があります。企業の成長には雇用問題について真剣に向き合うことが必要不可欠であり、現在飛騨市が置かれている現状を理解することで、明るい飛騨市の未来へと繋げる軌跡を構築できると考えております。

 

 

 

また青年会議所の活動を継続していくためにも会員拡大は重要な課題の一つです。現状維持で満足していては衰退の一途を辿ってしまいます。まず会員候補者には私たちの活動を知り、魅力を感じ興味を持ってもらう必要があります。飛騨古川青年会議所の会員全員が一体感を持って誠実に向き合い、相手を心から理解することが重要です。まだ見ぬ会員候補者との出会いの奇跡が私たち飛騨古川青年会議所の更なる躍進に繋がると信じています。

 

 

 

2019年度なかまづくり委員会は、小さいことから確実に経営開発・会員拡大に取り組んでいきます。

 

 

 

[事業計画]

 

1月例会(新年互例会)/5月例会/ブロック野球大会参加設営/会員拡大

 

8月例会/ブロックアカデミー参加設営/

 

 

 

委員会メンバー

副理事長 なかまづくり委員会担当 齋藤 憲一

副委員長・事務局長 清水 右祐

委員  田口 大輝

なかまづくり委員会 委員長 中村 健吾

委員・直前理事長 田上 昌広